【調教・追い切り】CBC賞2021・先週の結果

CBC賞の調教・追い切り診断をしていきます。

CBC賞の調教・追い切り診断の記事を書いていきます。

今週は有料会員様の継続手続きなどで更新が遅れました(汗)!

いよいよ夏競馬が本格的に始まりましたし気合を入れて邁進していきます!

先週の結果は割愛させてもらいますが宝塚記念に続き帝王賞も軸は外すことなかったのは良かったですが、ノンコは抑えれなかったですね(泣)

 

 

人気ブログランキングにも参加中!


競馬ランキング

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

【PR】
週末レースの厳選した競馬予想
完全無料で買い目情報が登録のみでもらえる!

完全限定無料登録!

EXTRA(競馬エクストラ)
最強の4プランで会員様を満足させます

☆安心安全の無料情報
☆的中重視の堅実プラン
☆長期投資を目的の回収率重視っプラン
☆1レースで人生を変える高配当重視プラン

簡単無料登録で情報をゲットせよ
↓↓↓【完全無料登録はこちら】↓↓↓
http://extra-horse.com/?code=eshsb_ckj01

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今週も無料も含めて頑張っていきます。

有料会員についてや無料での情報に興味のある方は下記のメルマガに必ず登録をお願いします。

メルマガ登録の詳細はこちらをクリック

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

CBC賞2021 調教・追い切り診断

 

追い切りの評価診断を独自にランク付けします。
最上位S→A±→B±→C±→D
平均点をBとしています。

1枠1番 タイセイビジョン

評価 B+
栗東・CW・良
51.6ー37.7ー12.2 一杯

 

2枠2番 メイショウケイメイ

評価 B
栗東・坂路・良
54.7ー38.3ー24.3ー12.0 馬なり

 

3枠3番 ファストフォース

評価 B
栗東・坂路・良
54.7ー38.3ー24.5ー12.2 強め

 

4枠4番 クリノアリエル

評価 C
小倉・ダート・良
55.0ー38.8ー11.7 直強め

 

4枠5番 クーファウェヌス

評価 B+
栗東・坂路・良
53.6ー38.7ー25.0ー12.4 馬なり

 

5枠6番 ビオグラフィー

評価 Bー
栗東・坂路・良
52.5ー37.4ー23.8ー12.1 馬なり

 

5枠7番 プリカジュール

評価 B+
栗東・CW・良
82.2ー65.8ー50.7ー37.3ー12.0 一杯

 

6枠8番 メイショウチタン

評価 B+
栗東・坂路・良
53.3ー38.0ー24.1ー11.9 馬なり

 

6枠9番 ヨカヨカ

評価 C
栗東・坂路・良
51.4ー37.1ー24.8ー12.8 馬なり

 

7枠10番 アウィルアウェイ

評価 C
栗東・坂路・良
54.5ー38.8ー25.4ー12.2 一杯

 

7枠11番 ピクシーナイト

評価 A
栗東・坂路・良
53.0ー38.6ー24.8ー12.0 末強め

 

8枠12番 メイショウカリン

評価 B
栗東・坂路・良
53.1ー38.3ー24.6ー12.0 一杯

 

8枠13番 ノーワン

評価 Bー
栗東・坂路・良
53.0ー38.2ー24.5ー12.1 馬なり

 

 

 

CBC賞 調教・追い切り診断おすすめ

 

仕上がり十分 ピクシーナイト A
短評:単走で登坂。弾むようなフットワークでラストも伸びアタマ差先着。併走馬もかなり動いており内容からは状態の良さが伝わる。あとは大型馬の休養明けなので輸送である程度馬体は絞れてきて欲しいところ、そのあたりはパドックを見て判断したい。先週も坂路で楽々2馬身先着する好内容で、仕上がりはかなり良く見える。あとは初めての1200mと超高速馬場の小倉芝への適性だろう。

 

最終追い切りリズム崩す ヨカヨカ C
短評:単走で登坂。先週ベストを更新する猛稽古だったが、最終追い切りは植え込み側に入り軸も頭もぶれまくり動きが非常にぎこちない。馬なりにしてもラストに0.8秒も失速している。先週の内容であれば高評価しても良かったが、当週のこの内容では不安しかなく、人気で舞台設定があったとしても軸にすることはないだろう

 

☆その他の出走馬
その他の馬:相手関係を置いておけば動きが良かったのはプリカジュール。CW単走で一杯に追われる内容だったがスピードの乗りもよくハンデも魅力です。現級でも結果が出ていませんし常識的には買えない馬でしょうが、必ず抑えておきたい一頭です。あとは人気になりそうなビオグラフィーは坂路で一杯に追う内容でしたが首が非常に硬くラストも失速、デキ自体は悪くなさそうですがラストに失速した点が直線で影響しそうです。ただしハンデも軽いのでもう一押しが効く可能性は馬場も含めてあるでしょうか。アウィルアウェイは単走で登坂し前半とにかくリズムが悪い、脚元は力強く流石にG1で好走できる実力馬と言った感じですが、真面目に走ってない点は割引です。それでもこの馬は元々こういうタイプなので、松山騎手が折り合いをつけることができればと言うところでしょうね。

 

 

ラジオNIKKEI賞注目 ※※※※※
短評:とにかく動きが良かったのはこの馬。W2頭併せの内、コーナーを推進力とコーナーリングを活かしてスピード十分、直線に入りあっさりと並びかけると馬なりで先着、先週の内容も非常に良く舞台替わりもハマりそうです。2週にわたりジョッキーが跨り感触も掴んでいるようですし、あとはできれば一雨があり時計が多少かかる方が良いでしょう。人気はないですが面白い一頭です。

注目馬は人気ブログランキングにて


競馬ランキング